秋のおとずれ 2012

  • 2012.09.16 Sunday
  • 10:42
JUGEMテーマ:日記・一般

先週の日曜日、久しぶりに九州自然歩道の天拝湖コースを歩いてみました。山間ではそ
ろそろ秋の装いに変わっているのではないかと期待して出かけましたが、自然は正直で
すね。今年もこの時期に咲く秋の花たちが咲き始めていました。
まず最初に出会ったのは葛(クズ)の花です。紫の花弁とその奥に黄色のアクセントの
小さな花が房のように集まって花穂になっています。先に向かって開花していくのです
が、穂先が開花する頃には、もう穂元の方の花は散っています。長い間咲いて、虫たち
に立ち寄ってもらいたいための工夫のようにも思えます。

  
  ★9月9日(日)9時頃撮影  天拝湖ダムの傾斜面に茂っている葛(クズ)

ダム湖のほとりをゆっくりと、鳥たちの歌声を聴きながら歩きます。黄色、白、紅、朱
、ピンク、紫など色とりどりの秋の花たちが咲いています。彼らを見ていると本当に飽
きないですね。よくぞ、こんな様々な形や色、大きさがあるものだ。自然の造形の豊か
さ面白さに感動します。
次の写真は千人草です。この花にも毎年、この時期にこの場所で会うことができます。
白くて群生するので目立ちます。植物は面白いなあと思います。花が咲かない時は、脇
役に徹していて、緑の葉は他の花の引き立て役です。ところが、自分の開花の時期にな
ると、今度は主役になります。それまで主役だった花たちは、来年の自分の開花時期ま
で脇役に徹します。もちろん、紅や黄色の実がなる時に再度主役で登場するものもあり
ますね。

  
  ★千人草(センニンソウ)9月9日9時半頃撮影 天拝湖湖畔
 

この天拝湖コース(九州自然歩道)でただ1ケ所だけ、この時期だけしか見れない花が
あります。それは秋海棠(シュウカイドウ)です。ベゴニアの仲間で江戸時代に中国か
ら観賞用に持ち込まれて野生したものです。名前は春に咲く海棠(カイドウ)という花
に似ていて、秋に咲くので秋海棠(シュウカイドウ)と名付けられたそうです。

  
  ★秋海棠(シュウカイドウ)9月9日10時前撮影 九州自然歩道にて
 
薄暗い杉木立の中にひっそりと足元に咲く、やわらかいピンクの花は優しさに満ちてい
るように思えます。この日は朝方の霧雨が花弁に露になって残っていて、瑞々しさも感
じさせました。今年も会えて良かった。来年も会いましょうね!

さて、次はどんな花に会えるだろうかと思いながら歩いていると、杜鵑草(ホトトギス)
に出会いました。この花の名前は花弁の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ているこ
とから名づけられたということになっています。私は日本野鳥の会の会員ですが、ホト
トギスの胸には斑点ではなく横縞はあるのですが・・・。いずれにしても、命名の真偽
はよくわかりませんね。でも、どういう経緯があるのかはハッキリしなくても、この花
はホトトギスという名前になっています。派手な姿は、都会のイメージが似合いそうで
す。

  
  ★杜鵑草(ホトトギス)9月9日10時過ぎ撮影 九州自然歩道にて
この日の山歩きも目的地の武蔵寺に近づき、石楠花谷を下っているときに、アキアカネ
(秋茜)に会いました。その名の通り、秋の空の朝やけや夕焼け色をしたトンボです。
色々な花々に会い、美しい色を観ながら歩きましたが、この茜色が今日の山歩きの締め
くくりの色になりました。アキアカネが「今日は楽しかった?」と尋ねてくれているよ
うでした。「もちろん、楽しかったよ!」

  
  ★秋茜(アキアカネ)9月9日11時前 天拝山石楠花谷にて

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM