一度入ったら忘れない(?) 「参詣客へのお接待」

  • 2007.07.20 Friday
  • 17:19
筑紫野市にある天拝山は二日市の町のすぐそばにあって標高260メートルの小さな山です。ウオーキングがてら登るには丁度良い高さです。頂上からの眺めも良く、遠く博多湾や玄界灘なども望めます。山麓には九州最古の仏蹟と言われている武蔵寺(ぶぞうじ)や菅原道真公縁の天拝神社や御自作天満宮、紫藤の滝などがあり、多くの人たちが参っています。山麓一帯はまだ昔のままの自然が残っています。私も毎日のように運動と自然観察を楽しんでいます。

登山口にあたるのが二日市温泉です。湯町という温泉街のメインストリートには大小の湯治場があります。市営の温泉もあり、近くのお年寄りたちは昼間から入浴用品などの入ったカゴを抱えて、温泉に足を運んでいます。

その温泉の中に、「足湯」を無料で提供してくれるところがあります。「バーデンハウス」という温泉施設で、その建物の入り口に足湯が設けてあり、誰でもが利用できるようになっています。そこには、「天拝山参拝帰りの皆様どうぞご利用下さい。」と紙が貼ってあります。足の疲れた参拝の人にはありがたい存在です。

私も、写真のように時々、天拝山からの帰りに、この「足湯」で疲れをとっています。お湯に入っていると、知らない人から「誰でも利用出来るんですか?」とか、「入浴料はいくらですか?」などと尋ねられることがよくあります。誰でもタダで利用できると言うと、ほとんどの人がびっくりします。

お金になるものは何でもお金にしようという「拝金主義」の世の中で、参拝客への「お持成し」として、足湯を提供されているこの施設の姿勢には共感を覚えます。四国の「お遍路さん」への地元の人たちがされている「御接待」のような意味もあるのかも知れませんね。


※上手に入れば、4人同時に入れますよ。仲良く入りましょ!
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM